スポンサーサイト

  • 2011.04.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


深夜ランニングの魅力

でも 深夜ランニングより今は早朝ランニングが気持ちいいぞ!
朝4時半なんか最高だわ!明るくなる直前ね。

それと最近気づいたんだがクレジットカード現金化にも早朝割引とかあるんだね。

早起きは3%の得だ。

お金について考える

 個人の借入額の規制が厳しくなった。

もともと生活に余裕のある方にとっては何も関係のないことなのかもしれませんが、大半の方が無関係というわけにはいかない状況なのではないでしょうか?

それに伴い、正規の借り入れが出来ない人が闇金に流れるケースも増加しており、この政策によるシワ寄せが生活貧困者を更なる窮地に陥れてしまっているようにも思えます。

そんな中、クレジットカードのショッピング枠現金化が新たな借り入れの方法として人気が出てきている。そんな話が聞こえてきます。

すでに様々な会社があり、選ぶのにも一苦労な場合はクレジットカード現金化ランキングなどで還元率などを比較し、自分にあった会社を選ぶ必要がありそうですね。


また、主婦の方は、旦那や近所の方にばれたくなかったり、女性のコールセンターなどしっかりした会社を選ぶ必要があります。主婦キャッシングの方法としは以前から人気があったようです。


クレジットカードのショッピング枠現金化は新しい資金調達方法ですがあくまで一時的な資金調達であり、ご利用は計画的に行わないとい けません。

民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)

 民主党と同党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)が7月の参院選に向けて締結する政策協定案の全容が15日分かった。「強い財政」「強い社会保障」を掲げる菅直人首相(党代表)の意向を踏まえ、具体的な政策課題として重点政策に「税制の抜本改革」「社会保障・税共通の番号制度」が明記され、消費税率引き上げを事実上容認した内容となった。

 政策協定案は17日、首相と連合の古賀伸明会長が会談して決定する。ここで連合は重点政策の実現に向け、民主党を全面支援する方針を改めて打ち出す。

 協定案は「安定的政権基盤を確立し『安心と希望の社会』実現を」をスローガンに掲げ、民主党が取り組む「重点政策」として「新成長戦略の推進」「ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現」など9項目を提示。7項目に「所得再分配機能の強化など税制の抜本改革を進め、中期的財政再建の道筋を明示する」と記した。

 また、民主党と連合が合意形成に努める具体的な政策課題として、税の所得再分配機能の強化▽給付付き税額控除の検討▽社会保障・税番号制度▽給与所得者への選択納税制度の導入▽中期的な財政再建の道筋を明示−が盛り込まれた。「社会的なセーフティネットの強化策」として「基礎年金の税方式化の実現」も明記された。

 連合は消費税率引き上げの適否を組織決定していないが、納税者番号制度については「不公平税制の是正を前提に導入する」との方針をすでに決定している。

 一方、出産手当、児童扶養手当、子ども手当などの諸財源を統合した「子育て基金(仮称)」創設を目指すことで一致。「労働基本権を保障した民主的な公務員制度の実現」「国際労働機関(ILO)中核8条約の早期批准」「地方自治実現のための地方分権推進」など、自治労など官公労の意向を強く反映した政策が多数盛り込まれた。

 また、「障がい者差別禁止法」(仮称)の制定、選択的夫婦別姓のための民法改正−なども明記された。

 ■民主党と連合の政策協定案の重点政策は次の通り。

(1)新成長戦略の推進

(2)人間らしい仕事を実現

(3)就労・生活支援給付制度

(4)男女平等社会とワーク・ライフ・バランスを実現

(5)差別禁止、教育機会均等

(6)くらしの安全・安心確保

(7)税制抜本改革を進め中期的財政再建の道筋を明示

(8)「新しい公共」確立と民主的な公務員制度を実現

(9)低炭素社会、公正なグローバル社会の実現

【関連記事】
菅首相代表質問 予算委見送りを撤回せよ
【国際政治経済学入門】菅政権は財務官僚の呪縛を解け
菅内閣発足 国家戦略を求めた産・読 小沢氏の責任追及に濃淡
低所得者に配慮不可欠 消費税増税で枝野氏
少子化対応は保守、リベラルの枠超えて 宮本太郎・北大教授 

振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
居直り強盗の共犯で80歳男逮捕 仲間は被害者の“反撃”で重傷(産経新聞)
顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
「トラブル分からない」=加害生徒「おとなしい子」―校長、沈痛な表情で会見(時事通信)
【私も言いたい】テーマ「財政再建」(産経新聞)

300年守り続けるぬか床 愛媛・松屋旅館(産経新聞)

 【美人女将の宿】

 江戸中期から昭和初期の古い町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた愛媛県西予市宇和町卯之町。その一角にある「松屋旅館」のたたずまいは旅人をいにしえの世界へ誘う。女将の大気(おおき)洋子さん(74)は6代目の夫を支えながら、風情ある江戸時代の建物と創業当時から受け継がれた“ぬか床”で作った漬物で宿泊客をもてなしている。(松山支局 浅野幸治)

 創業は江戸中期。客室には犬養毅や尾崎行雄の書がさりげなく飾られており、幕末から昭和初期にかけて多くの政治家や文人、画家が宿泊していたことをうかがわせる。

 松屋の玄関に家紋の入った紺色の幕が張られると要人が泊まったことを示し、「頭を下げて前の通りを通らなければならなかったと聞いています」というエピソードを披露。「歴史と一緒に松屋も栄えてきました」とのれんの重さを語る。

 保存地区には、明治15年に建てられた、洋風でモダンな校舎の開明学校(国指定重要文化財)や蘭学者、高野長英の隠れ家などが残っており、古き日本の散策が楽しめる。

 代々の女将が守ってきたのはのれんだけではない。「300年近く続いたものはほかにないと聞いています。絶対におわけすることのできない松屋の家宝です」と話すぬか床だ。「毎日毎日、子供を育てるように慈しんでいます」という。大学の研究者は「やわらかな風味があり、酵母菌や乳酸菌など良質な菌がたくさんある」と折り紙をつけた。

 ぬか漬けは宿泊客らが食べる時間にあわせて、四季折々の野菜などを夏は4時間から6時間、冬は15時間から27時間と、その時の気温、湿度によって漬け込んでいる。

 テレビの取材で宿泊した女優の菅井きんさんは、自身も40年のぬか床を持っているといい「自分が辞めるまでに一度は松屋にきて漬物を食べたかった」と喜んでいたという。

 「受け継いだ昔の料理や宿屋のイメージを大切に、家族的な旅館経営を心がけ、人のつながりを大事にしてきました」という大気さんは「もてなしは、お金のかからない心のこもったサービスです」が持論。「『また来るから元気におってよ』と言っていただけるのがうれしい」と話す。

 ドイツに留学していた四男が7代目を継ぐことも決まった。建物も「大工さんに『あと100年はもつ』と太鼓判を押された」と、伝統は着実に受け継がれている。

 重要伝統的建造物群保存地区と松屋旅館 重要伝統的建造物群保存地区とは各地に残る歴史的な集落、町並みを保存するため、国が選定し、市町村への財政的援助や技術的指導を行う。江戸時代の卯之町は、宇和島街道沿いの宿場町や四国遍路43番札所明石寺の門前町として栄えた。明治後期から宇和島街道の南に県道(現市道)や鉄道などが並行して開通。商業施設や官公庁などがそれらの沿線に集まるようになり、宇和島街道沿いは商家や宿屋、酒屋、住宅、寺院などが混在する歴史的な町並みが残った。

 松屋旅館は宿泊客60人。200人収容の会議や宴会もできる。1泊2食付き7350円から。食事だけの利用も可能で1575円から。問い合わせは(電)0894・62・0013。

<口蹄疫>せめて最高の餌を 処分前に「我が子への愛」「感染防止」交錯(毎日新聞)
電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
加藤被告に刺され死を覚悟…「仕事や家族、全てのこと考えた」(産経新聞)
与党180議員「県外へ」 首相に署名提出 政府方針に明記要求(産経新聞)

「飲み放題」が消える日 WHO「酒規制」が仕掛けた爆弾(J-CASTニュース)

 世界保健機関(WHO)の総会で「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」が採択された。対策の例として、酒の安売りや飲み放題、広告を規制することなどが挙がっている。日本で「飲み放題」が消える日は来るのだろうか。

 同戦略は、WHO総会で2003年に採択された、国際条約である「たばこ規制枠組条約」とは異なり、拘束力はない。今後各国が事情に合わせて具体的政策を検討することになる。2010年5月20日、スイスで開かれた総会の委員会で全会一致で採択された。

■ビール酒造組合などCM自主規制

 ビール酒造組合(東京)は早速サイトでコメントを公表した。「本戦略はアルコールの『有害な』使用の低減に向け、有効かつ実効性の高いものと考えます」と評価している。「同戦略に則り「『有害な』使用の低減に向け、引き続き鋭意活動してまいります」

 同組合などは、すでに規制強化の流れを見越し、CM自粛枠の拡大などの方針を公表している。10年4月からは、テレビCMに妊婦らの飲酒に関する注意事項を表示している。10月以降は、土日・祝日のCM自粛時間を現行の「5〜12時」から「5〜18時」へ拡大する。

 ビール酒造組合に話を聞くと、WHOの規制戦略は織り込み済みで、冷静に受け止めているようだった。あくまで「有害な使用」を減らす努力であり、「人々の生活に潤いをもたらす」側面も訴えながら対応していく、と担当者は話した。日本酒造組合中央会(東京)なども同様の受け答えだった。

 しかし、本音では「第2のタバコになることは何としても避けねば」という危機感がある。タバコ規制の流れは次第に高まり、喫煙者の肩身は狭まるばかりだ。10年2月には、厚労省が「多数の人が利用する施設」に建物内で原則全面禁煙を求める通知を出した。これは努力規定だが、一般の事務所や工場を原則禁煙にしたり、違反の罰則規定も検討したりする方向で法改正の準備も進んでいる。

 業界紙の醸界タイムス(大阪)の編集部によると、WHOの戦略採択自体は想定していた流れの出来事だが、「酒が第2のタバコになる」ことへの業界内の危機感は強いという。規制強化の流れがタバコのようにできてしまうと、飲み放題や安売り、広告への規制がかかる可能性は現実味を帯びてくる。「有害使用は減らす努力をしながら、お酒のいい面を業界あげてPRしていく必要がある」と指摘する。

■全日本断酒連盟は「いいことだ」と評価

 都内のある居酒屋従業員は「飲み放題が規制されたら影響はかなり出ますね。安売りとかで工夫するでしょうが……えっ、安売りも規制されるかもしれないんですか。それは相当痛いですね」と驚いていた。「戦略採択」はニュースで何となく目にして気になっていたという。

 タバコも含め「規制社会」に懸念を示していたのは、情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉智昭キャスターだ。4月末の放送で、WHOの酒規制への動きに関する報道を受け、タバコ規制などを安易に進めると「法や条約でどんどん縛る世の中になりますよ」「なんでもかんでもかんじがらめになったら人生楽しくないじゃん」などと訴えていた。モラルや常識を養うことで、自分で善し悪しを判断できるはずだと主張した。

 一方で歓迎する人たちもいる。全日本断酒連盟(東京)の大槻元・事務局長は「戦略採択」について「いいことだ」と評価している。拘束力はないが、「アルコールは有害だ」という認識を広める第1段階として現実的な対応だとみている。「アルコールには依存性がある。今の日本はどこでも簡単に買えるし、流される広告の量の多さもひどいものだ」と指摘した。

 インターネット掲示板2ちゃんねるを見てみると、「戦略採択」ニュースのスレッドが立っていた。「大人なんだから酒くらい飲ませろや」と規制に反対する声と、「どんどんやれ!」と賛成する声が入り乱れていた。

 ポータルサイト・ヤフーの意識調査欄(5月21日夕、参加1万件強の段階)で「酒の飲み放題や安売りの制限」の要不要を4択で聞いたところ、1番多かったのは「(制限は)両方とも不要」で66%、次いで「両方必要」15%、「飲み放題の制限は必要」14%となっていた。


■関連記事
酒で失敗「反省」繰り返す人 「専門家に相談」が重要 : 2009/02/17
料理も酒も一品300円前後 低価格「居酒屋」出店ラッシュ : 2009/07/22
少し「不良」の方が長寿? ヒケツは「笑い」と「乳酸菌」 : 2010/05/20
九州発「すいかサイダー」 お酒との相性もバッチリ! : 2010/02/19
「酔って裸になった」は100人に1人 酒の失敗談あれこれ : 2009/05/11

修繕積立金マニュアル作成へ=マンション適正管理を支援―国交省(時事通信)
石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
宅配便の再配達もインターネット時代へ
<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)

<国際バラ展>個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)

 埼玉県所沢市の西武ドームで12日開幕する「第12回国際バラとガーデニングショウ」(毎日新聞社、NHK、スポーツニッポン新聞社でつくる組織委員会主催)開会式と内覧会が11日あった。今年のメーンテーマは「バラにつつまれる贅沢(ぜいたく)を」。100万輪のバラと個性豊かな庭を紹介する。一般公開は17日まで。コンテスト3部門の受賞者が決まり、表彰式が行われた。応募総数は891点。各部門の大賞受賞作品と受賞者は次の通り。(敬称略)

 【バラ鉢植え】農林水産大臣賞・埼玉県知事賞「マチルダ」=埼玉県羽生市、島村由利子【ハンギングバスケット】農林水産大臣賞「〜森〜」=千葉県柏市、島谷道子【ガーデン】国土交通大臣賞「春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)」=埼玉県三芳町、木ごころ

【関連ニュース】
特集:第12回国際バラとガーデニングショウ(その1) あすから6日間、西武ドーム
特集:第12回国際バラとガーデニングショウ(その2止) 「花が主役」テーマに…
四季のガーデニング:モロヘイヤを育てる=山田幸子
四季のガーデニング:ヤーコンの苗の植えつけ=山田幸子
四季のガーデニング:スイートコーンを育てる=山田幸子

偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
身長74cm、世界一背の低い男性が死去=享年21歳
パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
村井長野知事 1期限りで引退表明…田中康夫氏破り初当選(毎日新聞)
<猫虐待>25歳男を書類送検 「鳴き声うるさかった」(毎日新聞)

鳩山首相「批判は私が受ける」(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日夜、祖父の故鳩山一郎元首相の墓に黄色い塗料が掛けられたことに関し、首相官邸で記者団に「私を批判するのは大いに結構だ。批判は私自身が受けたい」と述べた。その上で「先祖の墓に対し、そのようなことをやることだけはやめてほしい」と訴えた。 

【関連ニュース】
徳之島3町長に理解求める=鳩山首相
普天間、徳之島移転に協力要請へ=鳩山首相、7日に3町長と会談
鳩山首相、地方議員会合で陳謝=失笑買う場面も
「ずっと一緒にいたい」=日米さくらの女王に鳩山首相
鳩山一郎氏の墓に黄色い塗料=首相急きょ訪問

もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
GW 渋滞ピーク…関越道43キロ 下り混雑3日まで(毎日新聞)
GW 成田空港、出国ラッシュがピーク…4万6200人(毎日新聞)
首相動静(5月2日)(時事通信)
ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕−山梨県(時事通信)

アルパカも驚いた!?雨あがる“天功イリュージョン”(産経新聞)

 マジシャンの引田天功さんが、大阪府池田市にアルパカ2頭を寄付し23日、市立五月山動物園で本人も出席して記念式典が行われた。

 昨年末に天功さんがイベントで同市を訪問し、市長に寄付をもちかけた。贈られたのは、天功さんが栃木・那須高原の牧場で飼育していた1歳のオスとメス。

 この日は、未明まで降っていた雨がぴったりやむ“天候イリュージョン”を披露。天功さんは「どうぞ愛してかわいがってください」とにっこり。

【関連記事】
「全世界に驚いてもらう」 99分ワンカット映画出演者らが意気込み
プリンセス天功、映画「浅草堂酔夢譚」の製作発表
引田天功さん、大阪・池田市の動物園にアルパカ寄付へ
プリンセス天功、マイケルと「板門店コンサート」計画してた
プリンセス天功、沖縄でナビゲーター初挑戦
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<普天間移設>徳之島に政府打診 3町長は会談拒否(毎日新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)
「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)

【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)

 国の公式確認から54年。公害の原点ともいえる水俣病の未認定患者の救済策が閣議決定された。平成7年に続く「第2の政治決着」で、患者救済は大きく進むことになった。

 7年の自民、社会、さきがけの3党連立時代の政治決着では、申請期間は5カ月と短く、認められなかった場合、再申請はできなかった。

 今回の救済措置では、申請期間を特に示さず、来年末までの申請状況をみた上で、検討するとした。申請が認められなかったとしても、状況に応じて再度、申請が可能になっている。

 対象地域の指定も拡大、地域外でも当時その地域で勤務するなどして水俣湾周辺の魚を多く食べたことを示せばよいことを明確にし、「できるだけ手を挙げてもらえるようにした」(環境省幹部)という。

 ただ、7年の政治決着で「最終的全面解決」としながら、その後も症状を訴える患者が続出した。「健康調査も行われず、被害の全容解明がなされていない」として訴訟を継続する患者団体もある。偏見を恐れて手を挙げられない患者もいるだろう。

 小沢鋭仁環境相は「最後の一人まで救済しないといけない」と話した。「救済漏れ」がないよう、徹底した努力が求められる。(杉浦美香)

【関連記事】
【News解説】水俣病訴訟 和解で基本合意
水俣病救済方針を閣議決定
水俣病訴訟和解も… 全面解決なお遠く
「チッソは協定違反」 水俣病補償問題で協定書の立会人が声明
森永ヒ素ミルク「14年目の訪問」から40年 
外国人地方参政権問題に一石

松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)
乾燥食品に金属片混入 天野実業が自主回収(産経新聞)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災(産経新聞)
<ネット選挙>参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ(毎日新聞)

<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は13日の閣議後会見で、政府が6月までにまとめる「中期財政フレーム」に関し、「消費税を含めた税制改革全般に触れざるを得ない」と述べ、税率引き上げ方針の盛り込みに前向きな姿勢を示した。また「今の税収のまま続くなら、大きな壁にぶつかるだろう」と指摘、「任期(満了)の1年前、半年前か分からないが、消費税、歳入改革を掲げて選挙しなければ信頼のおける政権にはならない」と語り、次期衆院選には増税を掲げて臨むべきだとの認識を示した。

 中期財政フレームは11〜13年度を対象に、従来の1年単位の予算編成を改め、複数年度の視野で編成するための枠組み。【青木純】

【関連ニュース】
郵政改革:首相「亀井案基に調整」 仙谷氏ら、なお批判−−きょう閣僚懇
吉野川第十堰:市民団体、前原国交相と面談へ 保全存続求め /徳島

<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
時事通信記者の過労死認めず=糖尿病合併症「業務に起因せず」−東京地裁(時事通信)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
「専用駐車区間」を導入=高齢者ら対象、全国362カ所−19日から・警察庁(時事通信)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
アフィリエイト ホームページ
探偵
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM